床板(読み)トコイタ

大辞林 第三版の解説

しょうばん【床板】

ゆかいた。

とこいた【床板】

床の間のゆかに張る板。

ゆかいた【床板】

建物の床に張った板。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ばん シャウ‥【床板】

〘名〙 ゆかに張った板。ゆかいた。
※歩兵操典(1928)第五二九「砲架を床板の中央に在らしめ」

とこ‐いた【床板】

〘名〙 床の間にはる板。
※俳諧・毛吹草(1638)六「水鳥の床板(トコイタ)となる氷かな〈正利〉」

ゆか‐いた【床板】

〘名〙 床に張る板。床に張ってある板。〔紙上蜃気(1758)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

床板の関連情報