板戸(読み)イタド

精選版 日本国語大辞典の解説

いた‐ど【板戸】

〘名〙 板を張って作ってある戸。雨戸の類。
※古事記(712)上・歌謡「嬢子(をとめ)の 寝(な)すや伊多斗(イタト)を 押そぶらひ」
※万葉(8C後)一四・三四六七「奥山の真木の伊多度(イタド)をとどとしてわが開かむに入り来て寝(な)さね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板戸の関連情報