板舟(読み)イタブネ

デジタル大辞泉の解説

いた‐ぶね【板舟】

薄い板で作った小舟。泥深い水田で、苗や刈り取った稲をのせるのに使う。
東京日本橋の旧魚市場で、魚類販売のために並べた板。板舟株という営業上の権利が認められていた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたふね【板舟】

泥深い田で、苗や稲をのせて運ぶ、薄板で作った小舟。いたぶね。
江戸時代から昭和初期、東京日本橋の魚市場で、販売する魚をのせた板。初めは縁の浅い舟形であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android