早苗(読み)さなえ

精選版 日本国語大辞典「早苗」の解説

さ‐なえ ‥なへ【早苗】

〘名〙 (「さ」は接頭語)
苗代から本田に移し植えるころの田植に用いる稲の若苗。《季・夏》
古今(905‐914)秋上・一七二「昨日こそさなへとりしかいつのまにいなばそよぎて秋風のふく
② 香木の名。京極道誉所持名香。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android