コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板谷元右衛門 いたや もとうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板谷元右衛門 いたや-もとうえもん

1842-1908 明治時代の料理屋経営者。
天保(てんぽう)13年生まれ。武蔵(むさし)立川(東京都立川市)の板谷家の養子となり,公立柴崎学校でおしえる。のち多摩川の岸辺に丸芝館を開店し,鵜(う)飼いでとったアユの料理を提供した。店は明治30年代にもっとも繁盛したという。明治41年6月11日死去。67歳。本姓は矢島。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

板谷元右衛門の関連キーワードゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)国木田独歩下水道時代劇光の科学史監獄法国木田独歩グリフィス

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone