コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無調音楽 むちょうおんがく atonal music

6件 の用語解説(無調音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無調音楽
むちょうおんがく
atonal music

機能和声に基づかない音楽。後期ロマン派時代に部分的には調性の曖昧な音楽が生れたが,この方向を一層進めて,楽曲全体を無調で作曲する試みが,20世紀初頭 A.シェーンベルクらによって始められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むちょう‐おんがく〔ムテウ‐〕【無調音楽】

調性の制約を排除した音楽。20世紀初頭、シェーンベルクが意識的に用いた。→十二音音楽調

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

無調音楽【むちょうおんがく】

アトナールatonalともいう。機能和声和声)によらず,長調短調の調性tonalityを欠いた音楽。西洋音楽において,調性音楽より後のものをさす。オクターブ中の12音がほぼ同じ機能を果たし,特定の中心音をもたないのが特徴。
→関連項目ウェーベルンシチェドリンシマノフスキシュトラウスシュナーベルスークティペットトゥビントムソンヒナステラベルクルリエ和音

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むちょうおんがく【無調音楽】

広義には中心音をもたない音楽のことで,シェーンベルクウェーベルンベルクらの1908‐10年ころの作品から十二音技法による諸作品,同時期以降のスクリャービンのいくつかの作品,またその後今日に至るまでの,特定の中心音をもたない音楽全般を指す。その意味では,シェーンベルクの十二音技法は無調音楽の理論的組織化といえる。しかし,狭義には特定の音楽様式と結びついた概念で,シェーンベルク,ウェーベルン,ベルクら第2次ウィーン楽派表現主義時代(1908ころ‐25ころ)の音楽を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むちょうおんがく【無調音楽】

調性を感じさせる音(主音・属音・導音など)を回避したり、主音が絶えず変化し調性を確定できない楽曲。シェーンベルクらの様式が代表的なもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無調音楽
むちょうおんがく
atonale Musikドイツ語
atonal music英語

明確な調性と中心音を感じさせない20世紀初頭の西洋の音楽様式。17世紀、ヨーロッパで成立した調性音楽、つまり七音音階長音階短音階)と主三和音(主和音、下属和音、属和音)を中心に構成された音楽の体系は、19世紀のロマン主義音楽を通じてしだいに崩壊し、七音以外の音、三和音以外の和音が頻繁に用いられ、いわゆる調性感を失っていった。19世紀後半、晩年のリストの作品や、ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』に先駆的な例がみられるが、その完成者はシェーンベルクである。彼の『月に憑(つ)かれたピエロ』(1912)、『六つの小さなピアノ曲』(作品19、1911)、モノドラマ『幸福な手』(1910~13)、弟子のベルクのオペラ『ウォツェック』(1917~21)、ウェーベルンの『五つの管弦楽の小品』(作品10、1911~13)には、半音、四度構成の和音、非対称的なリズムなどの特徴がみられる。この時期にストラビンスキー、バルトーク、ヒンデミットらもやはり無調的作品を発表している。さらにシェーンベルクは1920年の『五つのピアノ曲』(作品23)で「組織的無調音楽」ともよばれる十二音技法を打ち出し、20世紀音楽に新たな一歩を残した。[細川周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の無調音楽の言及

【音楽】より

…それはR.ワーグナーの楽劇における半音階の多用によって,また一方ではドイツ・ロマン派の過度な感情表出に反対して外界の印象を直観的に音で形象化しようとしたドビュッシーが,教会旋法や全音音階を導入し,和音の機能的関連を否定して個々の和音の独立的な色彩価値を重要視したことによって生じた。20世紀にはA.シェーンベルクが調性を全面的に否定して無調音楽を書き,それを組織化して12音の音列技法を創始した。弟子のA.ウェーベルンがそれをさらに徹底させたのち,第2次世界大戦後は音高以外の要素もセリー化するセリー音楽が生まれた。…

【半音階】より

…ことにワーグナーの,解決されないまま次々と転調していく〈トリスタン和声〉は有名である。しかし,極端な半音階主義は調性組織に基づく機能和声の危機を招来し,20世紀初頭の無調音楽へと行き着いた。そこに新しい秩序を生み出すべく考案された十二音技法では,オクターブ内のすべての12音に等価の意義が与えられたが,ここにいたって,全音階と半音階の区別そのものが意味を失うことになった。…

※「無調音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無調音楽の関連キーワード裏声調性開音心音互いに素日本音楽身が持たない呂旋法聞く耳を持たない箸より重い物を持たない

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無調音楽の関連情報