コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無調音楽 むちょうおんがくatonal music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無調音楽
むちょうおんがく
atonal music

機能和声に基づかない楽。後期ロマン派時代に部分的には調性の曖昧な音楽が生れたが,この方向を一層進めて,楽曲全体を無調で作曲する試みが,20世紀初頭 A.シェーンベルクらによって始められた。3度構成など機能和声を想起させる音型を避けて,4度構成の和音や 12半音を集中的に使用したりした。調性の枠をはずすことによって自由にはなったが,いずれも機能和声からの逃避という消極的なもので,楽曲の大規模な統一,構成の点で欠点が多かった。これらを克服するものとして,やがてシェーンベルクは,12音技法を創始し,統一のある構成法を導入した。そのため 12音技法は「組織化された無調」とも呼ばれる。広義には 12音技法も無調音楽であるが,一般には,この流れのなかで,1910~20年代頃の12音音楽への過渡期の音楽のみを無調音楽という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

無調音楽【むちょうおんがく】

アトナールatonalともいう。機能和声(和声)によらず,長調短調の調性tonalityを欠いた音楽。西洋音楽において,調性音楽より後のものをさす。オクターブ中の12音がほぼ同じ機能を果たし,特定の中心音をもたないのが特徴。
→関連項目ウェーベルンシチェドリンシマノフスキシュトラウスシュナーベルスークティペットトゥビントムソンヒナステラベルクルリエ和音

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むちょうおんがく【無調音楽】

広義には中心音をもたない音楽のことで,シェーンベルク,ウェーベルン,ベルクらの1908‐10年ころの作品から十二音技法による諸作品,同時期以降のスクリャービンのいくつかの作品,またその後今日に至るまでの,特定の中心音をもたない音楽全般を指す。その意味では,シェーンベルクの十二音技法は無調音楽の理論的組織化といえる。しかし,狭義には特定の音楽様式と結びついた概念で,シェーンベルク,ウェーベルン,ベルクら第2次ウィーン楽派の表現主義時代(1908ころ‐25ころ)の音楽を指す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むちょうおんがく【無調音楽】

調性を感じさせる音(主音・属音・導音など)を回避したり、主音が絶えず変化し調性を確定できない楽曲。シェーンベルクらの様式が代表的なもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無調音楽
むちょうおんがく
atonale Musikドイツ語
atonal music英語

明確な調性と中心音を感じさせない20世紀初頭の西洋の音楽様式。17世紀、ヨーロッパで成立した調性音楽、つまり七音音階(長音階と短音階)と主三和音(主和音、下属和音、属和音)を中心に構成された音楽の体系は、19世紀のロマン主義音楽を通じてしだいに崩壊し、七音以外の音、三和音以外の和音が頻繁に用いられ、いわゆる調性感を失っていった。19世紀後半、晩年のリストの作品や、ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』に先駆的な例がみられるが、その完成者はシェーンベルクである。彼の『月に憑(つ)かれたピエロ』(1912)、『六つの小さなピアノ曲』(作品19、1911)、モノドラマ『幸福な手』(1910~13)、弟子のベルクのオペラ『ウォツェック』(1917~21)、ウェーベルンの『五つの管弦楽の小品』(作品10、1911~13)には、半音、四度構成の和音、非対称的なリズムなどの特徴がみられる。この時期にストラビンスキー、バルトーク、ヒンデミットらもやはり無調的作品を発表している。さらにシェーンベルクは1920年の『五つのピアノ曲』(作品23)で「組織的無調音楽」ともよばれる十二音技法を打ち出し、20世紀音楽に新たな一歩を残した。[細川周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の無調音楽の言及

【音楽】より

…それはR.ワーグナーの楽劇における半音階の多用によって,また一方ではドイツ・ロマン派の過度な感情表出に反対して外界の印象を直観的に音で形象化しようとしたドビュッシーが,教会旋法や全音音階を導入し,和音の機能的関連を否定して個々の和音の独立的な色彩価値を重要視したことによって生じた。20世紀にはA.シェーンベルクが調性を全面的に否定して無調音楽を書き,それを組織化して12音の音列技法を創始した。弟子のA.ウェーベルンがそれをさらに徹底させたのち,第2次世界大戦後は音高以外の要素もセリー化するセリー音楽が生まれた。…

【半音階】より

…ことにワーグナーの,解決されないまま次々と転調していく〈トリスタン和声〉は有名である。しかし,極端な半音階主義は調性組織に基づく機能和声の危機を招来し,20世紀初頭の無調音楽へと行き着いた。そこに新しい秩序を生み出すべく考案された十二音技法では,オクターブ内のすべての12音に等価の意義が与えられたが,ここにいたって,全音階と半音階の区別そのものが意味を失うことになった。…

※「無調音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無調音楽の関連キーワードウィリアムズ(John Williams、映画音楽作曲家)ゴールドスミス(Jerry Goldsmith)弦楽四重奏のための五つの断章管弦楽のための六つの小品管弦楽のための三つの小品ミニマル・ミュージック月に憑かれたピエロサウンド・アート五つの管弦楽曲ヤコブの梯子夏の風の中でヴォツェック室内協奏曲アトナールボツェック現代音楽音列作法ハウアー佐藤勝導音

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android