岸辺(読み)きしべ

精選版 日本国語大辞典「岸辺」の解説

きし‐べ【岸辺】

〘名〙 のほとり。きしほとり。
※続古今(1265)雑中・一六五九「みつ塩もきしへはるかになりはてて今はうらなる住吉の松〈後嵯峨院〉」
※一握の砂(1910)〈石川啄木〉煙「やはらかに柳あをめる 北上の岸辺(キシベ)目に見ゆ 泣けとごとくに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android