岸辺(読み)きしべ

精選版 日本国語大辞典 「岸辺」の意味・読み・例文・類語

きし‐べ【岸辺】

〘名〙 岸のほとり。きしほとり。
※続古今(1265)雑中・一六五九「みつ塩もきしへはるかになりはてて今はうらなる住吉の松〈後嵯峨院〉」
※一握の砂(1910)〈石川啄木〉煙「やはらかに柳あをめる 北上の岸辺(キシベ)目に見ゆ 泣けとごとくに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「岸辺」の意味・読み・例文・類語

きし‐べ【岸辺】

岸に沿った所。岸のあたり。
[類語]右岸左岸両岸岸壁向こう岸対岸川岸河岸かがん河岸かし湖岸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「岸辺」の読み・字形・画数・意味

【岸辺】がんぺん

岸べ。唐・羅友人の越幕に入るを聞き、因りて詩を以て贈る〕詩 岸邊の叢香老い 波上の長虹、影遙かなり

字通「岸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android