コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林家以外の林業事業体

2件 の用語解説(林家以外の林業事業体の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

林家以外の林業事業体

世界農林業センサスでは、会社、社寺、共同などで、1ha以上の山林を保有する事業体と定義されている。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林業関連用語の解説

林家以外の林業事業体

平成12年2月1日現在(沖縄県にあっては、平成11年12月1日現在)の保有山林の面積が1ha以上ある会社、社寺、共同、各種団体・組合、財産区、慣行共有、市区町村、地方公共団体の組合都道府県、国及び特殊法人をいう。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林家以外の林業事業体の関連キーワードコザ平良屋良朝苗林家沖縄県立芸術大学南城農家以外の農業事業体大田昌秀比嘉春潮尚詮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone