コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣行共有

1件 の用語解説(慣行共有の意味・用語解説を検索)

林業関連用語の解説

慣行共有

民法上の入会権、地方自治法上の旧慣使用権によって使用収益している山林などを保有する集団を総称して「慣行共有」としており、具体的には次の条件の一つでも該当するものをいう。
なお、慣行共有の名義には、会社、社寺、共同、各種団体・組合、「ムラ・旧市区町村」、財産区がある。
ア 山林からの収入や林産物を、「ムラ」の費用及び公共の事業に使うことがある。
イ その山林は、昔からのしきたりで持っている、または利用している、あるいは利用させている。
ウ 山林の権利者になる資格に、どこそこの「ムラ」に住んでいるものに限るという制限がある。
慣行共有は、一般に「ムラ」有林(旧来は集落有林)と呼ばれているもの、又はそれに近いもので、実質的な使用収益の多寡にかかわらず、慣行として共同体的制約を受けると認められているものをいう。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慣行共有の関連キーワード温泉権公有財産市会自治区用益物権地方自治体談合税法上の適格要件入会慣習民法上の組合

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone