林業種苗法(読み)りんぎょうしゅびょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「林業種苗法」の解説

林業種苗法
りんぎょうしゅびょうほう

昭和 45年法律第 89号。旧法 (昭和 14年法律第 16号) を全面改正したもので,林業生産の重要な要素である優良な種苗を確保することを目的とする。そのおもな点は,(1) 配布用の優良な種苗の採取に適する母樹林を指定し,その保護管理をはかること,(2) 種苗の生産業者に登録制,配布業者に届け出制を義務づけたこと,(3) 種苗をそれに適応した環境の造林地で用いるために,配布用種苗に産地系統などを表示する義務を規定したこと,(4) 優良種苗の確保,普及をはかるために,国と都道府県の指導,監督,援助について規定したこと,などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android