コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林業種苗法 りんぎょうしゅびょうほう

1件 の用語解説(林業種苗法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林業種苗法
りんぎょうしゅびょうほう

昭和 45年法律第 89号。旧法 (昭和 14年法律第 16号) を全面改正したもので,林業生産の重要な要素である優良な種苗を確保することを目的とする。そのおもな点は,(1) 配布用の優良な種苗の採取に適する母樹林を指定し,その保護管理をはかること,(2) 種苗の生産業者に登録制,配布業者に届け出制を義務づけたこと,(3) 種苗をそれに適応した環境の造林地で用いるために,配布用種苗に産地系統などを表示する義務を規定したこと,(4) 優良種苗の確保,普及をはかるために,国と都道府県の指導,監督,援助について規定したこと,などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone