コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母樹林 ぼじゅりん seed stand

1件 の用語解説(母樹林の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

母樹林
ぼじゅりん
seed stand

種子や挿穂 (さしほ) ,接穂 (つぎほ) をとるために設定した林分のこと。その個々の樹木を母樹という。日本の林業種苗法では,母樹林を指定する条件として,環境条件が中位以上の土地で,普通以上の生長をして相当豊富に結実しうる樹齢 (スギ 70年以上,ヒノキ 50年以上,アカマツクロマツカラマツ 40年以上) にあって,材質も良好であることなどを規定している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

母樹林の関連キーワード母樹挿し穂・挿穂接ぎ穂・継ぎ穂・接穂・継穂話の接ぎ穂・話の接穂挿穂設疑法継端接穂世継ぎ榾花源洞継穂

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone