コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林真倉 はやしの まくら

1件 の用語解説(林真倉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林真倉 はやしの-まくら

?-? 平安時代前期の雅楽家。
仁明(にんみょう)天皇(在位833-850)のころ,おおくの舞の改作ならびに新作に関与した。「賀殿(かてん)」の舞をつくり,「央宮楽(ようぐうらく)」を作曲,「団乱旋(とらでん)」の舞人ともつたえられる。名は直倉(なおくら)とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の林真倉の言及

【賀殿】より

…左方襲(かさね)装束(常装束とも)に別甲(べつかぶと)をかぶり,片肩袒(かたかたぬぎ)で舞う。遣唐使藤原貞敏が琵琶譜を唐から伝え,楽人の林真倉(はやしのまくら)が舞を作ったという説や,和邇部太田麿(わにべのおおたまろ)の作という説がある。演奏次第は,壱越調調子,音取―道行(《迦陵頻(かりようびん)》急,早八拍子,舞人登場)―破(延八拍子)―急(2帖,早四拍子)―急の重吹(しげぶき)(退場)。…

※「林真倉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林真倉の関連キーワード犬上是成上真節大戸真縄多自然麻呂岸本芳景清瀬宮継清原助種城松豊原時光和邇部太田麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone