コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林道栄 はやし どうえい

1件 の用語解説(林道栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林道栄 はやし-どうえい

1640-1708 江戸時代前期-中期の唐通事,書家。
寛永17年生まれ。肥前長崎の人。父は中国からの渡来人。元禄(げんろく)12年(1699)唐通事の上級職である風説定役(ふうせつさだめやく)にすすむ。同年,号として使用していた官梅(かんばい)を姓とする。書は即非如一(そくひ-にょいち)にまなび,深見玄岱(げんたい)と並び称された。宝永5年10月22日死去。69歳。名は応采。字(あざな)は欵雲(かんうん)。著作に「海外異聞録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の林道栄の言及

【通事∥通詞】より

…したがって語学力,相手側に対する発言力において遜色があった。個人では詩・書の彭城宣義・林道栄,唐金銀の輸入策により町年寄末席並に挙げられた林市兵衛が知られ,一方蘭学・近代科学史上有名な西玄甫,吉雄耕牛,志筑忠雄,西善三郎,本木昌造らも前職は通詞であった。【中村 質】。…

※「林道栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林道栄の関連キーワード藤堂高睦一条九兵衛宇田川玄中大岡孚斎勝継相良宗因伝長虎屋喜元深尾訒亭山名雲巌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone