果物籠を持つ少年

デジタル大辞泉プラスの解説

果物籠を持つ少年

イタリア、バロックの画家カラヴァッジョの絵画(1593頃)。原題《Fanciullo con canestro di frutta》。『果物売り』とも呼ばれる。瑞々しい果物が入った籠を抱えた若者がうつろな眼差しを向ける姿を描いたもの。カラヴァッジョの初期の代表作として知られる。ローマ、ボルゲーゼ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android