コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枯尾華 カレオバナ

大辞林 第三版の解説

かれおばな【枯尾華】

俳諧書。二巻。宝井(榎本)其角編。1694年刊。芭蕉の追善集。其角の「芭蕉翁終焉記」をはじめ、門人たちの追悼文や追善句などを収める。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枯尾華
かれおばな

芭蕉(ばしょう)追悼俳句・俳文集。1694年(元禄7)刊。宝井其角(きかく)編。「芭蕉翁終焉(しゅうえん)記」と題する其角の一文を巻頭に、芭蕉門の作家その他の追悼俳諧(はいかい)作品を載せた作品集。芭蕉の死を哀惜する弟子たちの真情が現れていて文学作品としての価値も高いが、また芭蕉を知る資料としての価値も高い。書店井筒屋庄兵衛(いづつやしょうべえ)によって初版発行後、幕末まで版を重ね、明治以降は翻刻活字本(日本俳書大系『蕉門俳諧前集』等)によって多くの人に読まれている。[今泉準一]
『今泉準一編『枯尾華』(1982・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

枯尾華の関連キーワード宝井其角芭蕉閑素宝井其角

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android