コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芭蕉翁終焉記 ばしょうおうしゅうえんき

1件 の用語解説(芭蕉翁終焉記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばしょうおうしゅうえんき【芭蕉翁終焉記】

1694年(元禄7)に出た其角編の芭蕉追善集《枯尾花》に収める,其角作の芭蕉追悼文。内容は,孤独貧窮と徳業に富むという点を芭蕉の生涯の基本とし,その生涯にわたって,旅や草庵における,あるいは古人や門人とのかかわりの中での芭蕉の行動を,その折々の句文を引用しながら述べる。〈ゆく所至る処の風景を心の物にして遊〉び,〈風景を好める癖〉を持つ芭蕉,古人に誘われ,道祖神に旅への思いを誘われる芭蕉,〈正風の師〉と仰がれ,〈自由躰放狂躰,世こぞって口うつし〉し,当代の西行,俳諧の杜子美と慕われた芭蕉を描いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芭蕉翁終焉記の関連キーワード其角堂永機半時庵淡々其角枯尾華虚栗鵜沢是橘草壁挙白小泉孤屋宗波人見午寂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone