真情(読み)しんじょう

精選版 日本国語大辞典「真情」の解説

しん‐じょう ‥ジャウ【真情】

〘名〙
① いつわりのない心。まことの心。まごころ。
※了幻集(1392頃)適里人回、所賜宝偈并面醤謹以領之、発緘珍誦而霑法味、不為不多、廼賡偈二首「三十年来胡乱後。方知馬祖示真情
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一三「唯一顧盻のみにても、慈愛の真情より出づるものは、他人をして、喜悦歓楽せしむるものなり」
② 真実の状態。実際のありさま。実情。真相。

ま‐じょう ‥ジャウ【真情】

〘名〙 (形動) まごころがこもっていること。誠実で、曲がったところが少しもないこと。また、そのさま。
※匠材集(1597)四「されはみて ただしゃれたるなり まじゃうになき事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「真情」の解説

ま‐じょう〔‐ジヤウ〕【真情】

[名・形動]誠実なこと。堅実なこと。また、そのさま。
「吝(しわ)く心小さく、其れ故―にして仕損じ少なし」〈・母親容気〉

しん‐じょう〔‐ジヤウ〕【真情】

うそ偽りのない気持ち。まごころ。「真情を吐露する」「真情があふれた手紙」
真実の状態。実情。「世の中の真情をかいま見る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android