巻頭(読み)かんとう

精選版 日本国語大辞典「巻頭」の解説

かん‐とう クヮン‥【巻頭】

〘名〙 (古くは「かんどう」とも)
き物、書物、雑誌などのはじめの部分。巻首
※井蛙抄(1362‐64頃)六「続後撰の時、巻頭にいれんとて、立春歌十首計書て」
② 歌会、歌集などで最初の歌。また、連歌、俳諧で最初の発句。普通千句の第一番目の百韻の発句。
③ 巻中で、最も優れた詩歌や句。
④ 一般的に、物のはじめ。
※浄瑠璃・津戸三郎(1689)役所尽し「えんまの帳のくんどうに訴へん」
⑤ 江戸時代、役者評判記で、位付けの一種。巻軸に相対する優秀な地位。
※評判記・役者口三味線(1699)京「役者しゅらうばはきには、竹嶋をあらためて巻頭(クンドウ)になをし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「巻頭」の解説

かん‐とう〔クワン‐〕【巻頭】

書物や巻物などの最初の部分。巻首。「巻頭を飾る論文」⇔巻末
多くの短歌や俳句を並べて載せる場合の最初の位置。ふつう最優秀作を置く。
物事の初め。冒頭。
[類語]首巻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の巻頭の言及

【建築金物】より

…釘は一般に和釘と呼ばれるもので,断面が正方形をしており,頭部に特徴がある。古代にはさまざまな形のものがあって,法隆寺金堂や五重塔では大小数十種類の釘が用いられていたが,中世以降は頭部を平たく巻いた巻頭(まきがしら)が多くなる。合釘は板のはぎ合せに用いる幅の広いもの,垂木を桁にとめる断面正方形の細長いものなどがある。…

※「巻頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android