コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻頭 カントウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐とう〔クワン‐〕【巻頭】

書物や巻物などの最初の部分。巻首。「巻頭を飾る論文」⇔巻末
多くの短歌や俳句を並べて載せる場合の最初の位置。ふつう最優秀作を置く。
物事の初め。冒頭。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんとう【巻頭】

〔古く「かんどう」とも〕
巻物・書物・雑誌などの、最初。 ⇔ 巻末 「 -を飾る」
物事のはじめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の巻頭の言及

【建築金物】より

…釘は一般に和釘と呼ばれるもので,断面が正方形をしており,頭部に特徴がある。古代にはさまざまな形のものがあって,法隆寺金堂や五重塔では大小数十種類の釘が用いられていたが,中世以降は頭部を平たく巻いた巻頭(まきがしら)が多くなる。合釘は板のはぎ合せに用いる幅の広いもの,垂木を桁にとめる断面正方形の細長いものなどがある。…

※「巻頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

巻頭の関連キーワード四庫全書総目提要フロントページタイトルページ和漢三才図会デディケート蕪村七部集広日本文典西鶴置土産エピグラフエピグラム談林十百韻本多秋五雲萍雑志在原元方徒然草抄中堀幾音語法指南食後の唄田村優祈加藤綾子

巻頭の関連情報