コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻頭 カントウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐とう〔クワン‐〕【巻頭】

書物や巻物などの最初の部分。巻首。「巻頭を飾る論文」⇔巻末
多くの短歌や俳句を並べて載せる場合の最初の位置。ふつう最優秀作を置く。
物事の初め。冒頭。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんとう【巻頭】

〔古く「かんどう」とも〕
巻物・書物・雑誌などの、最初。 ↔ 巻末 「 -を飾る」
物事のはじめ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の巻頭の言及

【建築金物】より

…釘は一般に和釘と呼ばれるもので,断面が正方形をしており,頭部に特徴がある。古代にはさまざまな形のものがあって,法隆寺金堂や五重塔では大小数十種類の釘が用いられていたが,中世以降は頭部を平たく巻いた巻頭(まきがしら)が多くなる。合釘は板のはぎ合せに用いる幅の広いもの,垂木を桁にとめる断面正方形の細長いものなどがある。…

※「巻頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巻頭の関連情報