枸杞茶(読み)クコチャ

大辞林 第三版の解説

くこちゃ【枸杞茶】

クコの葉・茎を干して作った茶。強壮の効があるという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くこ‐ちゃ【枸杞茶】

〘名〙 枸杞の芽や葉を茶のように製したもの。延寿の効があるという。《季・春》 〔料理物語(雑芸叢書所収)(1643)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の枸杞茶の言及

【クコ(枸杞)】より

…葉を枸杞葉(くこよう),果実を枸杞子,根の皮を地骨皮(じこつぴ)という。いずれもベタインbetaineを含み,強壮薬として葉は枸杞茶に,果実は他の生薬と配合して高血圧,めまい,肝臓疾患,貧血,腰ひざの疼痛(とうつう)などの治療に用い,一方,地骨皮も他の生薬と配合して解熱強壮薬として,咳嗽(がいそう),吐血,多汗などの療法に応用される。果実はまた酒につけて枸杞酒として使われ,不老長寿,強精の効があるという。…

※「枸杞茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android