料理物語(読み)りょうりものがたり

  • りょうりものがたり レウリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本最古の料理書。1643年(寛永20)刊行。著者は不明。『続群書類従(ぐんしょるいじゅう)』飲食部に収録されている。従来の庖丁書(ほうちょうしょ)を見慣れた人たちに新鮮な印象を与え、その後の料理書にも本書から数多く引用されるなど、料理書の古典として声価は高い。第一の海の魚から第七の青物の部までは食品材料をあげて料理法を列挙、第八のなまだれだし、いりざけの部以下第九より第19まで「汁、なます、指身(さしみ)、さかびて、煮物、焼物、吸もの、料理酒、さかな、後段、菓子、茶」とあり、それぞれの代表的な料理の作り方を説明、第20は万聞書(よろずききがき)の部として、一夜ずしの仕様など、そのほか関連料理の作り方を列記している。この様式は以後の料理書の書き方に影響を与えた。

[小柳輝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸初期の料理書。一冊。著者未詳。寛永二〇年(一六四三)刊。平常の料理の材料・調理法などを記した実用書。従来の式法にとらわれない画期的なもので、後の料理書に大きな影響を与えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

料理物語の関連情報