コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枸杞 クコ

デジタル大辞泉の解説

く‐こ【××杞】

ナス科の落葉小低木。原野などに生え、茎はとげのある小枝をもつ。葉は柔らかい。夏、淡紫色の花をつけ、実は熟すと紅色。若葉は枸杞茶に用いる。果実は枸杞子、根皮は地骨皮(じこっぴ)といい、それぞれ果実酒や漢方に用いる。 春》「堰(せき)とめて筏(いかだ)ひたせり―の雨/石鼎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くこ【枸杞】

ナス科の落葉低木。葉は柔らかく、枝はつる状で細くとげがある。夏、薄紫色の小花を開く。果実は赤色楕円形で枸杞子と呼ばれて生薬や枸杞酒として強壮・強精薬に用いられる。根皮は地骨皮じこつぴと称し消炎・解熱薬とする。葉は食用、また乾して強壮薬とする。 [季] 春。 〔「枸杞の実」は [季]秋〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

枸杞 (クコ)

学名:Lycium chinense
植物。ナス科の落葉低木,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

枸杞の関連キーワード寧夏(回族自治区)神農本草経富田木歩竹田千継クコの実枸杞酒薬用酒民間薬典薬寮地骨皮薬用茶強精剤趙陶斎湯治田楽薬酒クコ中衛銀川

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枸杞の関連情報