コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染谷源右衛門 そめや げんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

染谷源右衛門 そめや-げんえもん

?-? 江戸時代中期の治水家。
下総(しもうさ)千葉郡平戸村の名主。水害をふせぐために印旛(いんば)沼からの放水路開削と新田開発を計画。享保(きょうほう)9年(1724)幕府からの借入金をもとに平戸村から江戸湾の検見(けみ)川まで17km余の掘割工事にかかるが,資金不足のため中断した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の染谷源右衛門の言及

【印旛沼】より

…【菊地 利夫】
[近世の印旛沼干拓]
 江戸時代には,干拓,治水,水運の利益を得るため,沼の西端平戸村から検見川村まで延長約17kmの掘割を掘り,沼の水を江戸湾に落とそうとする工事が3回行われた。第1回目は,1724年(享保9)に平戸村の染谷源右衛門が幕府に出願したことから始まる。新田開発政策を推進していた幕府はこれを許可し,源右衛門に6000両を貸与して工事を請け負わせて着手したが,請負人,出資人の資金が不足して中断された。…

※「染谷源右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報