コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水害 スイガイ

デジタル大辞泉の解説

すい‐がい【水害】

洪水・高波などによって受ける被害。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

水害【すいがい】

豪雨,融雪などにより地表水が過剰になって流量が増大することによる直接・間接的被害。日本は地形が急峻(きゅうしゅん)であるため,大雨が降る6〜7月の梅雨期,台風の襲来する8〜9月,融雪期の3〜4月ころ河川の水がはんらんして,田畑の冠水,洪水による流失,山崩れによる埋没が起こる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいがい【水害】

洪水高潮など水が多すぎるために起こる災害の総称で水災害ともいう。広義には水が少なすぎるために起きる干ばつなどを含めたり,水汚染のような公害を含めることもある。 日本は梅雨前線が停滞しやすくまた台風の常襲地帯であるので,暖候期の大雨によって水害が起こりやすいが,日本海沿いの豪雪地帯では春の雪どけによっても洪水が起こることがある。このような気象条件だけでなく,河川は地形の関係から急流が多いことや,山地から平野に出るところの扇状地帯で急にこう配が変わること,さらには火山灰や花コウ岩の風化地帯および断層破砕帯が各地に散在して,大雨時に山腹崩壊,土石流地すべりなどが起こりやすいなど水害の様相も多様である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すいがい【水害】

洪水や高潮などの、水による災害。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水害
すいがい

豪雨、台風、雷雨などによる多量の降雨が原因となって生ずる災害。洪水、浸水、冠水、土石流、山崩れ、崖(がけ)崩れなどの被害がこれに含まれる。洪水、浸水、冠水などは平野部の河川流域に多く、莫大(ばくだい)な物質的な損害を与える。浸水、冠水には高潮や津波による場合も含まれ、これらの被害も大きい。[安藤隆夫]

土石流と山崩れ

崖崩れ、土石流、山崩れなどは山岳部の谷間に多く、家屋の倒壊などによる人命の損失が多くなる。都会地では、1時間雨量が20ミリメートルくらいから崖崩れの発生が始まる。土石流は、多量の降水で山の土が飽和し、岩石ともども泥流が急激に斜面を流下してくる現象で、鉄砲水などともいわれる。山崩れは土石流よりさらに規模が大きく、山の斜面が崩落する。土質によっては、下層の地層が水分の飽和によって、上層の山をのせたまま移動する地すべり現象をおこすこともある。[安藤隆夫・饒村 曜]

開発に伴う水害の傾向

近年、都会地の膨張によって傾斜面に新たに宅地を造成することが多くなった。こうした傾斜地の新興住宅地に崖崩れがみられるなど、開発に伴う新しい災害形態も増大している。また、主要河川には洪水調節の機能が備わったダムの建設が進んだことなどから、大河川の洪水は比較的少なくなったが、その反面、中小河川の洪水が多くなった。都市化が進み、中小河川や水田など以前は降雨の排水口や湛水池(たんすいち)の役割を果たしていた土地が、埋め立てられて住宅地に変わると、水の流れも変化した。とくに都会地では、路面の舗装の完備と下水道の整備とにより、雨水が地面へ吸収される割合が著しく少なくなったため、短時間の強い雨でも中小河川への急激な出水をみるようになり、沿岸部の住宅浸水が多くなっている。また、台地上にあって水害は起こりにくいと思われた場所でも水害が発生するようになっている。[安藤隆夫・饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水害の関連キーワードアジア太平洋水サミット水見舞い・水見舞パティオにいがた奈良県十津川村長良川水害訴訟避難勧告・指示バリグイ公園石橋記念公園北川辺[町]金森 吉次郎水害予防組合水防妨害罪天明の飢饉都市型水害流し作場広域避難水防月間水利組合防災林潰れ地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水害の関連情報