柳川智永(読み)やながわ としなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川智永 やながわ-としなが

?-1613 織豊-江戸時代前期の武士。
柳川調信(しげのぶ)の子。対馬(つしま)(長崎県)府中藩家老。慶長12年文禄・慶長の役後初の朝鮮国王使をむかえ,国交修復につとめる。14年景轍玄蘇(けいてつ-げんそ)とともに己酉(きゆう)約条締結の交渉にあたり,その功で送使船1隻の貿易特権をみとめられた。慶長18年死去。初名は景直。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android