コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川智永 やながわ としなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川智永 やながわ-としなが

?-1613 織豊-江戸時代前期の武士。
柳川調信(しげのぶ)の子。対馬(つしま)(長崎県)府中藩家老。慶長12年文禄・慶長の役後初の朝鮮国王使をむかえ,国交修復につとめる。14年景轍玄蘇(けいてつ-げんそ)とともに己酉(きゆう)約条締結の交渉にあたり,その功で送使船1隻の貿易特権をみとめられた。慶長18年死去。初名は景直。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柳川智永の関連キーワード柳川調信柳川調興

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android