コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺院版 じいんばん

2件 の用語解説(寺院版の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じいんばん【寺院版】

寺院において僧の手により,非営利的に開版(板)された書物の総称。日本では平安時代,写経供養に代わってはじめて摺経(すりきよう)供養(経典を印刷することで供養を行う)が行われたが,いずれも死者の冥福(めいふく)を祈り,罪業障滅をねがうためのものが多かった。 奈良の興福寺を中心とした春日(かすが)版,鎌倉初期以来高野山において開版された高野版,醍醐(だいご)寺で開版された醍醐寺版比叡山で開版された叡山版,京都の知恩院を中心とした浄土教版,奈良の諸大寺(東大寺西大寺ほか)による奈良版,さらに鎌倉時代から南北朝(14世紀)を経て,室町時代末期(16世紀)にいたる,京都の五山を中心として開版された五山版など,とくに寺院版として著名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

図書館情報学用語辞典の解説

寺院版

仏教寺院の出版物.日本で民間の出版事業が成立するのは江戸時代の17世紀半ば頃からであるが,それまでは寺院が出版事業の中心であった.特に平安末期から鎌倉時代以降は,天宗台,真言宗,奈良諸宗,さらに浄土宗,禅宗関係の仏教諸派の出版物は,様式上もそれぞれ特色のある発達を示した.それらは,それぞれ寺院別に,あるいは宗派別にまとめてその名を冠して呼ぶが,これら仏教寺院の出版物を総称して寺院版という.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寺院版の言及

【本】より

…僧侶は研学のため経文を必須としており,興福寺では財を募り《成唯識論(じようゆいしきろん)》10巻を1088年(寛治2)に印刷したが,これは良紙,能書,濃墨で優秀である。この〈春日(かすが)版〉が始まると,西大寺,東大寺,唐招提寺,法隆寺などでも出版され,研学用から俗人に読誦させるようになったが,これらは寺院版と総称される。鎌倉時代中ごろ高野山に,後期には京都や鎌倉にも及んだ。…

※「寺院版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寺院版の関連キーワード営利保険興信所営利的非営利法人リトルマガジンNPO法人特定非営利活動促進法特定非営利活動法人非営利団体非営利保険

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone