柴島(読み)くにじま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪市北東部、東淀川区(よどがわく)の地区。淀川右岸の長柄橋(ながらばし)の界隈(かいわい)をいう。旧柴島村で、1925年(大正14)大阪市に編入。かつては淀川で木綿を晒(さら)す柴島晒(さらし)で知られ、また近郊野菜の産地であった。阪急電鉄の京都線・千里(せんり)線が通じる。柴島駅近くにある法華寺(ほっけじ)は国分尼寺の後身と考えられている。1914年完成の柴島浄水場があり、現在1日118万立方メートルを市域の北半部に供給する。

[樋口節夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柴島の関連情報