コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴漬く フシヅク

デジタル大辞泉の解説

ふし‐づ・く【×柴漬く】

[動カ下二]魚を捕るために、柴漬(ふしづ)け1を仕掛ける。
「―・けし淀の渡りを今朝見ればとけむごもなく氷りしにけり」〈拾遺・冬〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふしづく【柴漬く】

( 動下二 )
柴漬ふしづを仕掛ける。 「 - ・けし淀のわたりを今朝見れば/拾遺

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

柴漬くの関連キーワード柴漬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android