コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平兼盛 タイラノカネモリ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平兼盛 たいらの-かねもり

?-991* 平安時代中期の官吏,歌人。
平篤行(あつゆき)の子。三十六歌仙のひとり。天徳4年の内裏歌合で「忍ぶれど色に出でにけり我が恋は物や思ふと人の問ふまで」(「小倉百人一首」)をよみ,壬生忠見(みぶの-ただみ)をやぶる。また安和(あんな)元年大嘗会(だいじょうえ)屏風歌などおおくの屏風歌をのこした。従五位上,駿河守(するがのかみ)。正暦(しょうりゃく)元年12月28日死去。家集に「兼盛集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平兼盛

没年:正暦1.12.28(991.1.16)
生年:生年不詳
平安時代の官人,歌人。三十六歌仙のひとり。光孝天皇曾孫の篤行の子。天暦4(950)年臣籍に下り,平姓となった。官位には恵まれず,従五位上駿河守が最高だが,歌人としては,数々の歌合や屏風歌の作者として活躍した。とりわけ,天徳4(960)年の内裏歌合で詠んだ「しのぶれど色に出でにけり我が恋は物や思ふと人の問ふまで」は,壬生忠見の歌と競って勝ち,百人一首にも採られた。また『大和物語』にもたびたび登場しているが,生存中から逸話の主人公とされたことは,彼の人気の高さを示していよう。家集に『兼盛集』がある。<参考文献>藤岡忠美『平安和歌史論』,高橋正治『兼盛集注釈』

(青木賜鶴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのかねもり【平兼盛】

?‐990(正暦1)
平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。大宰少弐篤行の子。山城介,大監物を経て駿河守従五位上にいたる。《天徳四年内裏歌合》で壬生忠見の秀歌に対して〈忍ぶれど色に出でにけりわが恋は物や思ふと人の問ふまで〉(《拾遺集》巻十一)の秀歌を詠んだところ,判者たちは困惑して勅判を求め,その結果,敗れた忠見はそれを苦にして不食の病となって没したという話が伝わっている(《沙石集》)。円融院子の日(ねのひ)行幸和歌には,和歌の題と序を献じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいらのかねもり【平兼盛】

?~990) 平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。光孝天皇の玄孫。駿河守。後撰集時代有数の歌人。「天徳四年内裏歌合」の詠者。家集に「兼盛集」がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平兼盛
たいらのかねもり
(?―990)

平安中期の歌人。三十六歌仙の1人。光孝天皇(こうこうてんのう)曽孫(そうそん)篤行(あつゆき)の子。赤染衛門(あかぞめえもん)の父とも。従五位上駿河守(じゅごいのじょうするがのかみ)に至った。「天徳(てんとく)四年(960)内裏歌合(だいりうたあわせ)」で、「忍ぶれど色に出(い)でにけり我が恋はものや思ふと人の問ふまで」が、壬生忠見(みぶのただみ)の「恋すてふ我が名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか」と競い合って勝った話は有名。968年(安和1)「大嘗会屏風歌(だいじょうえびょうぶうた)」をはじめとして、多くの屏風歌を詠進し、985年(永観3)「円融(えんゆう)院紫野子(ね)の日御幸(ごこう)和歌」に序と題を献上した。家集に『兼盛集』があり、『拾遺(しゅうい)集』以下の勅撰(ちょくせん)集に90首近く入集。[小町谷照彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

平兼盛の関連キーワード天徳内裏歌合大中臣能宣拾遺和歌集黒塚(能)天徳歌合藤原頼宗マツムシ安達ヶ原赤染衛門平篤行源重之小大君官吏恵慶