コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴漬(け) シバヅケ

デジタル大辞泉の解説

しば‐づけ【×柴漬(け)】

ナス・キュウリ・ミョウガなどの薄切りと赤ジソの葉などを塩漬けにしたもの。京都大原特産
冬、柴を束ねて川や湖などに沈めておき、それにすみついた魚を捕らえること。しのづけ。ふしづけ。

ふし‐づけ【×柴漬(け)】

しばづけ2」に同じ。 冬》「―や古利根今日の日を沈む/秋桜子
からだを簀巻(すまき)にして水中に入れること。1に似た罪人などの処罰法。
「水の底に―にもし」〈義経記・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の柴漬(け)の言及

【漬漁業】より

…漁獲は集まっている魚群をまき餌などで竹の下から離し,まいてとる。柴の束を海底に沈めておくのを柴漬というが,ウナギ,イカ類,タコ,アナゴ,ハゼ,エビ,カニなどが対象となる。この場合は,柴を漁船から静かに引き上げ,中にもぐりこんでいる魚介類を手網の中にふるい落とす。…

※「柴漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

柴漬(け)の関連キーワード柴漬け・柴漬フラボノイド柴漬(漬物)大原・小原内水面漁業三方五湖柴漬く塩漬け薄切り柴漬け赤ジソ簀巻篠漬水曲

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android