コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴漬(け) シバヅケ

2件 の用語解説(柴漬(け)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しば‐づけ【×柴漬(け)】

ナス・キュウリ・ミョウガなどの薄切りと赤ジソの葉などを塩漬けにしたもの。京都大原の特産。
冬、柴を束ねて川や湖などに沈めておき、それにすみついた魚を捕らえること。しのづけ。ふしづけ。

ふし‐づけ【×柴漬(け)】

しばづけ2」に同じ。 冬》「―や古利根今日の日を沈む/秋桜子
からだを簀巻(すまき)にして水中に入れること。1に似た罪人などの処罰法。
「水の底に―にもし」〈義経記・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柴漬(け)の言及

【漬漁業】より

…漁獲は集まっている魚群をまき餌などで竹の下から離し,まいてとる。柴の束を海底に沈めておくのを柴漬というが,ウナギ,イカ類,タコ,アナゴ,ハゼ,エビ,カニなどが対象となる。この場合は,柴を漁船から静かに引き上げ,中にもぐりこんでいる魚介類を手網の中にふるい落とす。…

※「柴漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柴漬(け)の関連キーワード薄切り胡瓜揉み虬竜侍冥利侍冥加薄切斑五目漬仕様がなければ茗荷がある生薑漬柴漬け

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone