コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴石 しばいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柴石
しばいし

長野市松代町柴から産出する凝灰岩安山岩石材名。凝灰岩は淡灰色で粗鬆 (そしょう) 流状の軽石を含み,溶岩にも流理がある。長野県ほかで土木用石材となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

柴石

石材の名。長野県長野市松代町で産出される安山岩。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴石
しばいし

長野市松代(まつしろ)町柴に産する安山岩および安山岩質凝灰岩の石材。灰紫色ないし赤紫色を呈するが、外観は美しくなく、軟質でもろい。そのため建築用材には適さず、土木用あるいは礎石として利用される。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柴石の関連キーワード大分県別府市別府温泉郷別府[市]長野馬貞別府温泉別府市長崎派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柴石の関連情報