コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴野方閑 しばの ほうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴野方閑 しばの-ほうかん

?-? 江戸時代後期の漢詩人。
柴野貞穀(ていこく)の次男。兄碧海(へきかい)とともに伯父柴野栗山(りつざん)にそだてられる。幕府につかえ,書院番となった。天保(てんぽう)年間(1830-44)に死去。讃岐(さぬき)(香川県)出身。名は允常。字(あざな)は恒甫。別号に霞嶠。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴野方閑の関連キーワード柴野貞穀

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android