コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴野貞穀 しばの ていこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴野貞穀 しばの-ていこく

?-? 江戸時代中期の儒者。
柴野栗山(りつざん)の弟。家業の医をつぐ。明和元年(1764)栗山の著「雑字類編」を修訂した。子の碧海(へきかい),方閑(ほうかん)は栗山の養子となった。讃岐(さぬき)(香川県)出身。字(あざな)は小輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴野貞穀の関連キーワード柴野碧海柴野方閑柴野栗山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android