コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿渋紙 かきしぶがみ

日本文化いろは事典の解説

柿渋紙

渋紙とは、渋柿からとれる汁(柿渋)を美濃紙などの帳簿に張り、防水性を与えた紙です。柿紙・渋紙ともいいます。また、平安時代からある紙子(※2)に は柿渋が使われています。渋紙や紙子は旅装用具として需要が多かったので、旅の通り道となる京都の五条松原通や大阪の久宝寺町には多くの紙渋屋や紙子屋が ありました。※2…紙で作られた衣服

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android