コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋紙 シブガミ

大辞林 第三版の解説

しぶがみ【渋紙】

〔「しぶかみ」とも〕
和紙を貼り合わせた上に柿渋を塗り、強くした紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渋紙
しぶがみ

(かきしぶ)で加工した和紙。柿渋は古くは柿油ともいって、晩夏のころに青柿より絞り取る。この生渋(なましぶ)を半年以上置くとさらに良質の古渋になるが、成分はシブオールというタンニンの一種で、これを和紙に数回塗布することによって耐水性ができ、じょうぶになる。江戸時代には紙衣(かみこ)、合羽(かっぱ)、敷物、荷札、包み紙などに広く使用された。また、捺染(なっせん)の型紙も渋紙の一種である。とくに渋とべんがら(紅殻・弁柄)を混ぜたものは、雨傘の「渋蛇の目(しぶじゃのめ)」の塗料とされた。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

渋紙の関連キーワード染物(筒書き)瀬川 昌耆カキ(柿)清水道閑瀬川昌耆カッパ版黒谷和紙皮革工芸加茂市合羽摺荒物屋小紋型渋紙色敷き衾糸立て柿渋紙版画合羽三線柿紙

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android