コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿渋 カキシブ

4件 の用語解説(柿渋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かき‐しぶ【柿渋】

渋柿の青い果実からしぼりとった液。赤褐色で、防腐・防水剤として紙・木などに塗る。また、その色。 秋》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

柿渋

熟す前の渋柿の果実を粉砕して搾った汁を発酵、熟成してつくられる赤褐色の液体。防腐効果があり、漁網や木材の塗料として使われ、紙に塗って乾燥させると防水効果もあるため和傘やうちわなどにも使われてきた。日本酒の清酒を造る際、沈殿を促進するためにも使われているという。

(2013-07-27 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かきしぶ【柿渋】

渋柿から得られる防腐性の液で塗料,染料に用いられる。製法は渋みの強い柿を臼でつき,それを樽詰めにして,冷暗所に蓋をして静置すると,発酵し泡立つ。2昼夜をへて圧搾ろ過する。ろ液は〈生渋〉といい,さらにこれを静置して得たうわずみ液が〈一番渋〉で,最上品とされる。次に,生渋の搾りかすに水を加え,再発酵させて搾り〈二番渋〉を取る。
[利用]
 紙類に塗布し風乾させると防腐性と硬度を増し,紙衣(かみこ),紙布がつくられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かきしぶ【柿渋】

渋柿の若い果実から搾った汁を発酵させ濾した液。漆器の下塗りや、木・麻・紙などの防水・防腐剤として塗る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柿渋の言及

【カキ(柿)】より

…果肉の品質や甘みの点では,むしろ渋柿のほうにすぐれたものが多い。
[利用]
 柿渋は,未熟の小型渋柿を破砕,搾汁,発酵させて上澄みをとった,淡赤褐色半透明の液体である。特有の香りがあり,昔は傘,渋紙など防水防腐に用いられたが,現今はおもに日本酒製造時の清澄剤として重要である。…

【タンニン】より

…木部起源のタンニンとしては南アメリカ産のケブラコquebracho(ウルシ科)が日本では使われている。柿渋タンニンはカキの実からとったもので,渋紙の製造,染料などとして使われている。木の実のタンニンとしては,ほかにジビジビdivi‐divi(マメ科),ミロバランmyrobalan(シクンシ科)がある。…

※「柿渋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柿渋の関連キーワード損失回避性イソプロピルアルコールシンナーナフトール染料花油カルミン天然染料カラヤガムレンチナン柿渋塗装

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柿渋の関連情報