コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿谷半月 かきたに はんげつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柿谷半月 かきたに-はんげつ

1770-1842 江戸時代後期の狂歌師。
明和7年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)の人。医師の家をつぎ,狂歌を4代二松庵の麻田倭文にまなぶ。縁起のいい狂歌をもとめる人々にもてはやされ,各地を遍歴したという。天保(てんぽう)13年3月18日死去。73歳。名は伴明。通称は塩屋新助。別号に雁返舎,御幸山人,笥飯浦人。著作に「敦賀風景八ツ乃詠」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柿谷半月の関連キーワード石垣東山狂歌師

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android