栄養葉(読み)エイヨウヨウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栄養葉
えいようよう

光合成を行い、生活に必要な養分をつくるための葉で、裸葉(らよう)ともいう。[安田啓祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えいよう‐よう エイヤウエフ【栄養葉】

〘名〙 生殖器官を生じない葉の総称。葉緑体に富み、光合成を行なう。⇔胞子葉。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栄養葉の関連情報