コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄養葉 エイヨウヨウ

デジタル大辞泉の解説

えいよう‐よう〔エイヤウエフ〕【栄養葉】

シダ類の葉で、胞子をつくる働きをもたず、光合成を盛んに行う葉。裸葉(らよう)。⇔胞子葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいようよう【栄養葉】

生殖器官を分化せず、同化作用を営む普通の葉。裸葉。 ⇔ 胞子葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栄養葉
えいようよう

光合成を行い、生活に必要な養分をつくるための葉で、裸葉(らよう)ともいう。[安田啓祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

栄養葉の関連キーワードオオバノイノモトソウ(大葉の井の許草)ナツノハナワラビ(夏の花蕨)ヤマドリゼンマイ(山鳥薇)コウヤワラビ(高野蕨)シシガシラ(獅子頭)クサソテツ(草蘇鉄)ミヤコジマハナワラビヤマソテツ(山蘇鉄)ハナヤスリ(花鑢)ハナワラビ(花蕨)ヤマドリゼンマイマメヅタ(豆蔦)コウヤワラビイノモトソウスジヒトツバイヌガンソクキジノオシダ雉の尾羊歯クサソテツヘツカシダ

栄養葉の関連情報