栗打(読み)くりうち

精選版 日本国語大辞典の解説

くり‐うち【栗打】

〘名〙 中世に行なわれた遊戯の一つ。具体的な遊び方は未詳であるが、胡桃打(くるみうち)に似た、栗をぶつけてとりあう遊びか。
※看聞御記‐応永二九年(1422)九月一七日「雨降、徒然之間栗打張行」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android