コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗田八郎兵衛 くりた はちろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗田八郎兵衛 くりた-はちろべえ

1831-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。奥右筆(ゆうひつ)などをつとめる。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱では執政の榊原(さかきばら)新左衛門にしたがい,松平頼徳(よりのり)軍とともに保守派や幕府軍とたたかう。のち投降し,元治2年4月5日下総(しもうさ)古河(こが)(茨城県)で切腹。35歳。名は寛剛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栗田八郎兵衛の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)ネーションフォーレゴローブニンジョードンバードハラタママイヨメイランワグネル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android