コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古河 コガ

デジタル大辞泉の解説

こが【古河】

茨城県西端の市。室町時代古河公方(くぼう)が根拠とした地。江戸時代小笠原土井氏らの城下町日光街道宿場町。現在は電気機器・機械などの工業が発達。平成17年(2005)9月に総和町・三和町と合併。人口14.3万(2010)。

ふるかわ【古河】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「古河」姓の人物
古河市兵衛(ふるかわいちべえ)
古河黙阿弥(ふるかわもくあみ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こが【古河】

茨城県西端の市。室町時代、古河公方の根拠地。近世、土井氏らの城下町。日光街道の宿場町として繁栄。現在は電気機器・機械・化学などの工業が発達。

ふるかわ【古河】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古河の関連キーワード茨城県古河市長左エ門新田茨城県古河市北間中橋茨城県古河市中田新田茨城県古河市東間中橋茨城県古河市けやき平茨城県古河市西間中橋茨城県古河市茶屋新田茨城県古河市砂井新田茨城県古河市南間中橋茨城県古河市牧野地茨城県古河市平和町茨城県古河市東牛谷茨城県古河市西牛谷茨城県古河市三杉町茨城県古河市東本町茨城県古河市東諸川茨城県古河市上片田茨城県古河市駒ケ崎茨城県古河市横山町茨城県古河市雷電町

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古河の関連情報