古河(読み)コガ

デジタル大辞泉の解説

こが【古河】

茨城県西端の市。室町時代古河公方(くぼう)が根拠とした地。江戸時代小笠原土井氏らの城下町日光街道宿場町。現在は電気機器・機械などの工業が発達。平成17年(2005)9月に総和町・三和町と合併。人口14.3万(2010)。

ふるかわ【古河】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「古河」姓の人物
古河市兵衛(ふるかわいちべえ)
古河黙阿弥(ふるかわもくあみ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こが【古河】

茨城県西端の市。室町時代、古河公方の根拠地。近世、土井氏らの城下町。日光街道の宿場町として繁栄。現在は電気機器・機械・化学などの工業が発達。

ふるかわ【古河】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こが【古河】

茨城県南西端の地名。渡良瀬(わたらせ)川に臨む。室町時代は鎌倉公方足利成氏(しげうじ)の根拠地。江戸時代は土井氏一六万石の城下町で、奥州(日光)街道の中田・野木の間の宿場町、渡良瀬川の河港として栄えた。明治以後は製糸業が発達し、現在は機械工業がさかん。JR東北本線が通じる。昭和二五年(一九五〇)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古河の関連情報