校章(読み)コウショウ

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐しょう カウシャウ【校章】

〘名〙 学校を象徴する記章。
※日本‐明治三八年(1905)二月六日「来る四月より開校する上野女学校にては一種の校章を作り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の校章の言及

【記章】より

…おなじ傾向は大学をはじめ,教育機関にもおよんだ。とりわけ日本では,明治後期に制服,制帽を採用するようになってから,それぞれの〈校章〉を帽子からボタンにいたるまであしらうことがふつうになった。いわば,記章というものは,近代社会におけるトーテムなのである。…

※「校章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報