記章(読み)キショウ

デジタル大辞泉の解説

き‐しょう〔‐シヤウ〕【記章】

記念として参加者・関係者に与えるしるし。「従軍記章

き‐しょう〔‐シヤウ〕【記章/×徽章】

《「徽」は旗じるし、「章」は模様の意》職業・身分・所属などを示すために帽子や衣服などにつけるしるし。バッジ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きしょう【記章】

人間は,みずからの所属する集団のシンボルをつくることをくふうしてきた。未開社会,たとえばアメリカ北西部のインディアンメラネシアの諸部族などにみられるトーテムなどはその原型であって,ヘビだの,特定のトリだのを部族の守護神かつ象徴として想定し,その象徴によって集団の統合機能をはかってきたのである。デュルケームのいう〈集団表象〉という観念も,こうしたトーテムなどをヒントにしてつくられたものとみてさしつかえない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐しょう ‥シャウ【記章】

〘名〙 記念のしるしとしてその事に関係した人などに与えるもの。
※太政官布告第五四号‐明治八年(1875)四月一〇日「従軍記章将卒の別なく軍功の有無を論ぜず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記章の関連情報