株式仲買人(読み)カブシキナカガイニン

大辞林 第三版の解説

かぶしきなかがいにん【株式仲買人】

もと株式取引所において、株式の売買・取引を顧客に委託されて行なった人。現在は、証券会社がその任務を行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かぶしき‐なかがいにん ‥なかがひニン【株式仲買人】

〘名〙 取引所で、株式を売買取引できる者。現在、証券取引所では会員と呼ばれる。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

株式仲買人の関連情報