コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式譲渡制限会社 かぶしきじょうとせいげんかいしゃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

株式譲渡制限会社

発行する株式の譲渡を制限する会社のこと。通常、株主は株式を自由に他人に譲渡できるのが原則だが、定款内で「自社株式の譲渡には取締約会、代表取締役による審査、承認が必要」と規定することによって株式譲渡制限が可能となる。譲渡制限は株式を安定させ、経営陣の主導を確立させる利点があるため、所有と経営の関係が不可分な小規模会社や、経営の主導を確保したい企業が主に導入している。また、2006年から施行の新会社法では、「株式譲渡制限会社」のありかたに柔軟性が増し、従来必須だった取締役会を置かずに「取締役1人」とすることも可能になった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

株式譲渡制限会社【かぶしきじょうとせいげんかいしゃ】

会社の株式を譲渡するにあたり,会社の承認を要する旨の定款の定めを設けている会社。会社法はこのような定めを設けていない会社を公開会社とし(2条1項5号),規制を厳しくしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

株式譲渡制限会社の関連キーワード譲渡承認取締役会議決権制限株式株主代表訴訟新会社法施行少数株主権授権株式有限会社種類株式

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android