コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核ジャック かくジャック

1件 の用語解説(核ジャックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核ジャック
かくジャック

貯蔵あるいは輸送中の核物質を強奪すること。特にプルトニウムは,比較的少量で原子爆弾の原料となりうるため,厳重に核ジャックから防護する必要がある。日本でも使用済み核燃料より得られるプルトニウムの海上輸送時には輸送船航路,通過時間を公表しないなど護衛措置をとっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

核ジャックの関連キーワード強奪貯蔵物質SNM押込みMUF核物質防護単輸送ふるい(篩)放射能標識膜輸送

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone