コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核ジャック かくジャック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核ジャック
かくジャック

貯蔵あるいは輸送中の核物質を強奪すること。特にプルトニウムは,比較的少量で原子爆弾の原料となりうるため,厳重に核ジャックから防護する必要がある。日本でも使用済み核燃料より得られるプルトニウムの海上輸送時には輸送船航路,通過時間を公表しないなど護衛措置をとっている。条約により定められた防護措置がなされないかぎり国際間の輸送は認められない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

核ジャックの関連キーワード原子力供給国会議核物質防護条約

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android