コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核内分裂 かくないぶんれつendomitosis

翻訳|endomitosis

1件 の用語解説(核内分裂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核内分裂
かくないぶんれつ
endomitosis

核内有糸分裂 intranuclear mitosisともいう。紡錘糸の形成や核膜の消失なしに,染色体の複製とそれに続く染色体の分離が起る現象。 L.ガイトラーがアメンボの一種 Gerris lateratisで発見し,命名した (1939) 。この現象によって染色体数は次々に倍加され,4~16倍数性の,染色体量の多い細胞が生じる。特にある種の昆虫の唾腺細胞では体細胞の 1000倍もの染色体量を有した倍数性細胞がみられている。核内分裂は哺乳類などにもみられるのではないかともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone