核内分裂(読み)かくないぶんれつ(英語表記)endomitosis

翻訳|endomitosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核内分裂
かくないぶんれつ
endomitosis

核内有糸分裂 intranuclear mitosisともいう。紡錘糸の形成や核膜の消失なしに,染色体の複製とそれに続く染色体の分離が起る現象。 L.ガイトラーがアメンボの一種 Gerris lateratisで発見し,命名した (1939) 。この現象によって染色体数は次々に倍加され,4~16倍数性の,染色体量の多い細胞が生じる。特にある種の昆虫の唾腺細胞では体細胞の 1000倍もの染色体量を有した倍数性細胞がみられている。核内分裂は哺乳類などにもみられるのではないかともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android