コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核膜 かくまくnuclear membrane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核膜
かくまく
nuclear membrane

細胞のの表面をつくる膜。光学顕微鏡では1層の膜として観察されるが,電子顕微鏡で観察すると内外2層から成る二重膜構造となっており,ところどころに膜孔 (核孔ともいう) があり,ここを通して核と細胞質との物質交流が行われる。細菌藍藻では染色体はあるが,これを包む核膜はないので,核の形態がはっきりせず,これらの細胞をもつ生物を原核生物 procaryote,これに対し通常の核膜をもつものを真核生物 eucaryoteといい,生物群の基本的区別の一つとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かく‐まく【核膜】

細胞内にある、を包み細胞質と境にある膜。小さな孔が多数ある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

核膜

 真核細胞の核と細胞質を区分する膜.脂質二分子層の膜が二層で形成されており直径50〜80nmの核膜孔とよばれる孔が認められる.この孔を通って核から細胞質へ,細胞質から核へと物質の輸送が行われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かくまく【核膜】

細胞の核物質を包む膜。二重膜構造で、ところどころ小孔が開いており、核と細胞質との間の物質の移動に関与する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

核膜の関連キーワードデオキシリボ核酸プロカリオートユーカリオートエンベロープ細胞内共生説SREBP核[細胞]核原形質分裂植物細胞分裂核内分裂原核細胞核様体休止期生体膜細胞核核物質ラン藻燐脂質毛様体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核膜の関連情報