消失(読み)きえうせる

精選版 日本国語大辞典「消失」の解説

きえ‐う・せる【消失】

〘自サ下一〙 きえう・す 〘自サ下二〙
① 事物がすっかり消えてなくなる。または、人が姿を消す。
万葉(8C後)九・一七八二「雪こそは春日消ゆらめ心さへ消失(きえうせ)たれや言も通はぬ」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「夢に見えつるかたちしたる女、面影に見えてふときえうせぬ」
② 人の命が絶える。死ぬ。
※観智院本三宝絵(984)下「此の身は雲のごとし。久しからずしてきえうせぬ」

け‐う・す【消失】

〘自サ下二〙 =きえうせる(消失)
※万葉(8C後)九・一七四〇「反側(こいまろ)び 足ずりしつつ たちまちに (こころ)消失(けうせ)ぬ 若かりし 膚(はだ)も皺みぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「消失」の解説

しょう‐しつ〔セウ‐〕【消失/×銷失】

[名](スル)物が消えてなくなること。また、今まで有効だったものが、その効力などを失うこと。「権利が―する」
[類語]失う遺失散逸滅失流失消滅消散忘失雲散霧散雲散霧消離散四散飛散立ち消え消える失せる散る失する無くなる無くす無くする無くなす喪失する亡失する紛失する落とす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android