消失(読み)きえうせる

精選版 日本国語大辞典「消失」の解説

きえ‐う・せる【消失】

〘自サ下一〙 きえう・す 〘自サ下二〙
事物がすっかり消えてなくなる。または、人が姿を消す。
※万葉(8C後)九・一七八二「雪こそは春日消ゆらめ心さへ消失(きえうせ)たれや言も通はぬ」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「夢に見えつるかたちしたる女、面影に見えてふときえうせぬ」
② 人の命が絶える。死ぬ。
※観智院本三宝絵(984)下「此の身はのごとし。久しからずしてきえうせぬ」

け‐う・す【消失】

〘自サ下二〙 =きえうせる(消失)
※万葉(8C後)九・一七四〇「反側(こいまろ)び 足ずりしつつ たちまちに 情(こころ)消失(けうせ)ぬ 若かりし 膚(はだ)も皺みぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「消失」の解説

しょう‐しつ〔セウ‐〕【消失/×銷失】

[名](スル)物が消えてなくなること。また、今まで有効だったものが、その効力などを失うこと。「権利が―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android