紡錘糸(読み)ボウスイシ

デジタル大辞泉 「紡錘糸」の意味・読み・例文・類語

ぼうすい‐し〔バウスイ‐〕【紡×錘糸】

紡錘体を構成する糸状の構造物の総称チューブリンというたんぱく質重合したもの。紡錘体微小管

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「紡錘糸」の意味・読み・例文・類語

ぼうすい‐しバウスイ‥【紡錘糸】

  1. 〘 名詞 〙 細胞有糸分裂で、紡錘体の内部に形成される繊維構造

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「紡錘糸」の意味・わかりやすい解説

紡錘糸
ぼうすいし
spindle fibre

細胞の有糸分裂時にみられる紡錘体を形成する繊維球状蛋白質であるチュービュリン会合体であるミクロチューブルが集合して形成される。両極を結ぶ連結糸と,極と染色体を結ぶ牽引糸とがある。染色体の極分離に重要な役割をする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android