紡錘糸(読み)ぼうすいし(英語表記)spindle fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「紡錘糸」の解説

紡錘糸
ぼうすいし
spindle fibre

細胞有糸分裂時にみられる紡錘体を形成する繊維球状蛋白質であるチュービュリン会合体であるミクロチューブルが集合して形成される。両極を結ぶ連結糸と,極と染色体を結ぶ牽引糸とがある。染色体の極分離に重要な役割をする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「紡錘糸」の解説

ぼうすい‐し バウスイ‥【紡錘糸】

〘名〙 細胞の有糸分裂で、紡錘体の内部に形成される繊維構造

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android