コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核廃棄物海洋投棄 かくはいきぶつかいようとうきnuclear waste ocean dumping

1件 の用語解説(核廃棄物海洋投棄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核廃棄物海洋投棄
かくはいきぶつかいようとうき
nuclear waste ocean dumping

ソ連時代からロシアが,原子力潜水艦の老朽原子炉等の放射性廃棄物日本海などに海洋投棄していたことが 1993年4月に判明した。ロシア政府発表の白書によるもので,59年から 92年の間に,日本海,オホーツク海などの極東海域,およびバレンツ海などの北方海域に相当量の液体および固体廃棄物を投棄したという。極東海域に投棄されたものには,核燃料を抜いた原子炉やその関連機材も含まれており,その放射能量は,685兆ベクレルにのぼるとされている。低レベル放射性廃棄物の海洋投棄は,現在はロンドン条約締結国の申し合わせで凍結中。科学技術庁の調査では日本海の汚染は「国民の健康に対して影響が及んでいるものではない」とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone